項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 当帰芍薬散
製品名 ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒
製品の特徴
「当帰芍薬散」は,漢方の原典である『金匱要略』に記載され,
古くより多くの女性に用いられてきた漢方薬です。

体力虚弱で冷え症で貧血の傾向のある方,疲れやすい方の「月経痛」,
「月経不順」から,「産前産後の障害(貧血,疲労倦怠等)」,「更年期障害」,
「めまい・立ちくらみ」等に用いられています。

『ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒』は,
「当帰芍薬散」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。

使用上の注意
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)胃腸の弱い人。
 (3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,
直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感

3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,
この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

効能・効果
体力虚弱で,冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく,
ときに下腹部痛,頭重,めまい,肩こり,耳鳴り,動悸などを訴えるものの次の諸症
→月経不順,月経異常,月経痛,更年期障害,
産前産後あるいは流産による障害(貧血,疲労倦怠,めまい,むくみ),
めまい・立ちくらみ,頭重,肩こり,腰痛,足腰の冷え症,しもやけ,むくみ,しみ,耳鳴り

用法・用量
次の量を,食前に水またはお湯で服用してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包(1.875g):2回
7歳以上15歳未満:2/3包:2回
4歳以上7歳未満:1/2包:2回
2歳以上4歳未満:1/3包:2回
2歳未満:服用しないでください

用法関連注意
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分分量
2包(3.75g)中
成分 分量 内訳
当帰芍薬散エキス
(1/2量)
2g (シャクヤク・ソウジュツ・タクシャ・ブクリョウ各2g,センキュウ・トウキ各1.5g)

添加物
ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

保管及び
取扱い上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.1包を分割した残りを服用する場合には,
袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
4.本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので,
製品により多少顆粒の色調等が異なることがありますが効能・効果にはかわりありません。
5.使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

消費者相談窓口
会社名:株式会社ツムラ
問い合わせ先:お客様相談窓口
電話:0120-329-930
受付時間:9:00~17:30(土,日,祝日を除く)

製造販売会社
会社名:株式会社ツムラ
住所:〒107-8521 東京都港区赤坂2-17-11

販売会社
(株)ツムラ

剤形
散剤

リスク区分等
第2類医薬品

広告文責
株式会社エナジー
電話番号:0242-85-7380
登録販売者:山内 和也

商品区分
日本製・医薬品

【初売り】 全品3%オフクーポン! 8/9 【散剤】×3個セット 48包 【23】当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)エキス顆粒 01:59まで【第2類医薬品】【送料無料!3個セット!】ツムラの漢方-第二類医薬品

スポンサードリンク
★最大P25倍★ 8/4-8/9【全国配送可】-組立式和風マット「ふれあい」薄型枠 へり付き / T456231 BR 6畳 極東産機 1ケ JAN kt295206 取寄品(課税)-【介護福祉用具】
2016年08月09日
0コメ

【初売り】 全品3%オフクーポン! 8/9 【散剤】×3個セット 48包 【23】当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)エキス顆粒 01:59まで【第2類医薬品】【送料無料!3個セット!】ツムラの漢方-第二類医薬品

続きを読む
いまだけ!★最大P25倍★ 8/4-8/9【全国配送可】-エアガン CAGNL-14 アズワン 型番CAGNL-14 JAN4571110737859 aso 1-5588-01 -【医療・研究機器】
2016年08月09日

【初売り】 全品3%オフクーポン! 8/9 【散剤】×3個セット 48包 【23】当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)エキス顆粒 01:59まで【第2類医薬品】【送料無料!3個セット!】ツムラの漢方-第二類医薬品

続きを読む

↑このページのトップヘ